工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

2010年08月06日

センサー/スイッチの動作形態について

センサのテクニカルガイド

接点から出力される信号形式で、以下の2種類があります。
メトロールのセンサー/スイッチは、全機種ともすべて専用形です。

① ノーマルオープン NO:常時開(接点形のときは、A接点)
② ノーマルクローズ NC:常時閉(接点形のときは、B接点)

NO:常時開/NC:常時閉の選び方

① NO:常時開の特色

  • すべて、プリトラベル(動作までの動き)があります。
    接点形の場合、常時接点が離れているので、外的振動によるチャタリングを起こしません。
  • NPNオープンコレクタ出力タイプは、PLC(プログラマブルコントローラ、シーケンサなど)、CNCへの接続が容易です。

② NC:常時閉の特色

  • プリトラベルのあるものとないものがあります。
    接点形の場合、常時接点は閉じているので、振動によりチャタリングを起こすことがあります。(主に低接触力タイプの場合)
  • フェールセーフになります。
    インターロックを取ることでコード断線、接点トラブルなどの故障診断ができます。

出力信号の反転(信号変換)方法

① 電気的反転方法

  • NO形/NC形は、I/Fユニット・信号変換ユニットを接続することで、出力信号を反転(NO→NC、NC→NO)できます。
  • I/Fユニット・信号変換ユニットによって、NO形から反転したNC形は、フェールセーフにはなりません。

② 機械的反転方法

取付方によって、出力信号を反転させることができます。

  • 自由位置を最初に押し込んで使用します。
  • レバーを介して反転させます。
mailmagazine

ブログの最新情報を、メルマガでお知らせ!

毎月1回、定期配信のメールマガジンで、センサのお役立ち情報を、
見逃さずにCHECKできます。今すぐ、無料ご登録ください。

関連記事

PAGETOP