工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

2010年08月06日

センサー/スイッチの負荷の種類について

センサのテクニカルガイド

抵抗負荷(出力定格における表現)

  • 主に抵抗体である負荷のことを指します。
  • 回路がON/OFF時に大きな電流が流れにくいもので、回路に流れる電流はほぼ次の式で算出できます。
    電流値 = 電圧値 ÷ 抵抗値

誘導性負荷

  • 主にリレーコイル、モーター、ソレノイドのことを示します。
  • これらの負荷の駆動電流が、スイッチ接点定格を超えない場合のみ使用できます。
    また、OFF時には逆起電力が発生し、これを吸収するダイオードまたはサージ吸収素子を、並列に接続する必要があります。

リレー駆動等、スイッチ定格以上の誘導性負荷を駆動させる場合、駆動コイル電流 15mA 以下のリレーを使用してください。

mailmagazine

ブログの最新情報を、メルマガでお知らせ!

毎月1回、定期配信のメールマガジンで、センサのお役立ち情報を、
見逃さずにCHECKできます。今すぐ、無料ご登録ください。

関連記事

PAGETOP