工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

2010年08月06日

センサー/スイッチの動作確認方法

センサのテクニカルガイド

接点形の場合

スイッチを下図のように接続してください。

  • LED順方向電流は抵抗を入れて、約10mAに電流制限をして下さい。
    抵抗値=(電源電圧−LED順方向電圧)÷電流=(24−2)÷0.01=2KΩ
    LED順方向電圧は約2Vです。
  • 抵抗は、DC24Vまたは0Vのどちら側でも取り付けられます。
  • 接点が閉じるとLEDが点灯します。スイッチの動作は正常です。
  • シーケンサを使用の場合は、シーケンサの流出電流が 7mA 程度であれば、抵抗は要りません。
  • デジタルテスター(マルチメータ)では正しい動作確認ができない場合があります。

《抵抗レンジの動作確認》

  • テスターを抵抗レンジ(×10)に設定して、スイッチの出力(茶)にテスターのマイナスリード、スイッチの0V(青)にテスターのプラスリードを接続して下さい。
  • スイッチの先端子を押しこむと、テスターの振れは0Ω付近まで振れ、先端子をもどすと、テスターの振れは∞付近を指します。

無接点形の場合

スイッチを下図のように接続してください。

  • NPN出力形式のスイッチ出力を+24Vに直接接続したり、PNP出力形式のスイッチ出力を0Vに直接接続すると、出力回路に大電流が流れて、出力回路が破損します。
  • 出力回路には、10mA程度の電流が流れるよう、
    NPN出力タイプの場合、+24Vと出力の間
    PNP出力タイプの場合、0Vと出力の間
    に、 3KΩ程度以上の抵抗を接続してください。
  • シーケンサを使用の場合は、シーケンサの流出電流が 7mA 程度であれば、抵抗は要りません。
NPN出力タイプ PNP出力タイプ


《電圧レンジの動作確認》

  • テスターを電圧レンジ(50V)に設定して、スイッチの白と0V(青)間の電圧を測定してください。
  • NPN出力タイプは、スイッチの先端子を押し込むと、テスターの振れが24Vから0V付近まで下がります。
  • PNP出力タイプは、スイッチの先端子を押し込むと、テスターの振れが0Vから24V付近まで振れます。
mailmagazine

ブログの最新情報を、メルマガでお知らせ!

毎月1回、定期配信のメールマガジンで、センサのお役立ち情報を、
見逃さずにCHECKできます。今すぐ、無料ご登録ください。

関連記事

PAGETOP