工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

2010年08月06日

【FAセンサ用語】応差とは

センサのテクニカルガイド

信号動作点から戻し、信号が反転するまでの量のこと

  • この間は不感帯となります。
  • メトロールの接触式接点形センサには、応差がありません。
  • リミットスイッチやマイクロスイッチ、近接センサや光センサなどの、電気式センサでは、応差が生じます。
  • 動作後すぐにコンタクトを戻す使い方の場合、応差以上戻さないと信号が反転しないので、下図のような応差内の厚さの有無判別はできません。
  • 従って、応差以上のプリトラベルが必要です。

ヒステリシス(往き戻りの差)について

動作位置から更に押し込んだ後に戻したときの動作位置の差を、ヒステリシスと呼びます。

  • スイッチ自体の他に、保持部(支柱)が接触力によってたわむ分が加わることがあります。
  • 常に同じ方向から動作させた信号をとれば、ヒステリシスは誤差となりません。
  • 応差とは違いますのでご留意ください。
mailmagazine

ブログの最新情報を、メルマガでお知らせ!

毎月1回、定期配信のメールマガジンで、センサのお役立ち情報を、
見逃さずにCHECKできます。今すぐ、無料ご登録ください。

関連記事

PAGETOP