工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

2016年03月25日

【品質への取り組み】0.0005㎜ 繰返し精度へのこだわり

センサ開発物語

メトロールの精密位置決めスイッチの特徴のひとつが、高い繰返し精度です。

当社では、ワークを測定コンタクトへ30回押した際の、動作位置のバラつきからとった、
最大値と最小値の差
をレンジ(R)であらわし、これを繰返し精度と呼んでいます。

メトロールの精密位置決めスイッチ「高精度タイプ」は、0.5μmの繰返し精度を発揮します。


10万分の1mmの精度を有する、アジレント社(現 Keysight Technologies)の
レーザー測長機での精度測定の様子。
動作位置のバラつきは、0.5μm未満です。

近接センサとの違い

位置決めに使用される代表的なセンサとして、近接センサがあります。

近接センサは非接触式で、ワークに対し、接触による変形や、打痕などの影響がないという利点がある反面、
悪環境下で金属切粉を誤検知してしまうなど、弱点があります。

また、電子式のため、自己発熱や外部環境(温度、磁界など)の変化により
信号点がバラついたり、取付間隔の狭い箇所では、センサ同士が相互干渉を起こすことがあります。


一方、当社の精密位置決めスイッチは、機械部品だけで構成された、精密機械式。
接触式で、ワークの材質や形状、外部環境の影響を受けにくく、安定検出を可能にします。

アンプや基盤などの電子部品を使用しないので、自己発熱による温度ドリフトや、応差がありません。

全数検査で繰返し精度を保証

精度の高い製品を皆さまの元へお届けするために、
メトロールでは、精密位置決めスイッチ「高精度タイプ」は、全数精度検査を実施。

すべての工程に厳しい目を光らせ、信頼性の高い製品を、日々世界中に供給し続けています。

mailmagazine

ブログの最新情報を、メルマガでお知らせ!

毎月1回、定期配信のメールマガジンで、センサのお役立ち情報を、
見逃さずにCHECKできます。今すぐ、無料ご登録ください。

関連記事

PAGETOP