工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

接触式変位センサからの置き換えで、大幅なコストダウンが実現

case_009

電子機器業界

多品種少量生産に欠かせない、卓上ロボットを製造している、装置メーカー様です。
スマートフォン用ディズペンサー装置の開発ご担当者様より、接着剤塗布時のノズルの「高さ測定」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

接着剤ディズペンサー装置のノズルの高さ測定に、「接触式変位センサ」をお使いでしたが、1台5万円以上と高額なため、コストがかさんでしまいお困りでした。

接着剤の塗布前にノズルの高さを測定し、その数値を機械にフィードバックするのですが、塗布量を精密に制御するためにも、1μm以上の高精度が求められています。

スマートフォンの強化ガラス接着用途の拡大に伴い、低コストでノズル高さを計測できるセンサーを探していたところ、当社の製品を見つけられ、お問い合わせを頂きました。

case_106

課題のポイント

  • 接触式変位センサが高額なため、コストがかさむ
  • 1μm以上の繰返し精度が必要

メトロールのご提案

常に一定の位置を検出するような、自動化ラインでの計測では、数値表示(変位測定)が不要な場合が多く、「接触式変位センサ」によって、オーバースペックになってしまっている事例が多数あります。

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、高精度ON/OFF信号でノズル高さを検出することが可能です。
接触式変位センサと同精度ながら、約1/10の大幅コストダウンが実現します。

 ・0.5μm繰返し精度タイプ:10,000円〜/1本
 ・1μm繰返し精度タイプ:5,000円〜/1本

また、コンタクトの先端を樹脂に変更し、接触力を下げることができるので、スマートフォン強化ガラスに傷をつける心配もありません。

case_107

採用結果

  • 数値表示をなくすことで、1/10の大幅コストダウン
  • 0.5μmの繰返し精度が実現

担当者のコメント

自動化ラインや、インラインでの位置決めに、数値表示は本当に必要でしょうか?

本事例のように、高額な「接触式変位センサ」から、メトロールの「精密位置決めスイッチ」に置き換えた事で、コストダウンに成功された事例が多数あります。

「接触式変位センサ」によるコストUPでお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_066

高精度MT-タッチスイッチ

0.5μmの繰返し精度!!
自動化ラインでの数値表示の見直しで、1/10の大幅コストダウンが実現します

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP