工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

表面の粗いワークの着座を、±5μm精度で確実に検出

マツダsam

自動車業界

大手自動車メーカー向けにエンジン部品を製造している、精密機械加工メーカー様です。
スリーブ部品加工のご担当者様より、CNC旋盤のワークチャック時の「着座確認」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

エンジンミッション用のスリーブ部品を、CNC旋盤で加工する際、「エア式ギャップセンサ」でワークチャック時の着座確認をされていました。

ワークの表面が粗いため、着座の検出距離を200μmに設定されていましたが、センサの精度が低く、着座不良による加工不良が頻繁に発生し、お困りでした。

CNC旋盤に標準で搭載されていた「エア式ギャップセンサ」をお使いのところ、当社営業がPR訪問させていただいたのをきっかけに、お問い合わせをいただきました。

マツダQ

課題のポイント

  • ワークの表面が粗く、「エア式ギャップセンサ」の精度バラツキが大きい。
  • 誤検知により、加工不良や機械停止が発生。

メトロールのご提案

CNC旋盤に標準で搭載されている「エア式ギャップセンサ」は、主にワークの有無検知に用いられるため、高い精度が求められるワークの着座確認には向いていません。
さらに、ワークの表面が粗いほど、誤検知のリスクが高まります。

メトロールの「エアマイクロセンサ ロングレンジ形」は、80-350μmまでの検出距離に対応。
ダイカスト部品や鋳物など、面粗度の粗いワークでも、±5μmの精度でワークの着座を確実に検出することができます。

また、既にお使いのエア配管をそのまま使用できるので、センサの後付けも簡単。

スリーブ部品の鋳肌の精密な着座確認で、加工不良の発生を確実に防止します。

マツダA

採用結果

  • 表面の粗いワークでも、±5μmの着座精度を発揮。
  • 精密着座確認で、加工不良を防止。

担当者のコメント

ワークの表面が粗く、ギャップセンサでは誤検知してしまう・・・
というお客様のお困りの声を元に製品開発致しました。

ワーク表面が粗くても、精密な着座確認をされたい様々な業界のお客さまに、多数採用頂いております。

営業訪問によるデモ実演で、実際の精度をご確認いただくことも可能です。
「ギャップセンサ」の着座精度不良でお困りの方は、ぜひお問い合わせください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

DPA-LR1_jirei

エアマイクロセンサ〈ロングレンジ形〉

従来の「ギャップセンサ」の常識が覆る!
表面の粗いワークや、大型ワークと治具の80〜350µmのスキマを、
±5µm繰返し精度で安定検出!

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP