工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

加工中のワークのズレを、無線スイッチで確実に検出

chu_guri

装置業界

プレス機械用部品の加工を行っている、装置メーカー様です。
生産技術のご担当者様より、回転テーブルでの大型ワークの「ズレ検出」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

中ぐりフライス盤で、大型ワークを加工する際、ワークがズレたまま加工を続けてしまうことがあり、お困りでした。

大型ワークの加工時間は非常に長いため、ワークがズレた状態で加工を続けると不良品となり、大きなタイムロスになってしまいます。
エアセンサによる、ワークのズレ検出も検討しましたが、テーブルが回転するため、配管の取り回しが難しく設置することができません。

弊社の営業が、新製品PRの訪問をさせていただいたことをきっかけに、お問い合わせ頂きました。

QS02

課題のポイント

  • 大型ワークの加工中のズレを、検出したい
  • テーブルが回転するため、エア配管や配線が出来ない

メトロールのご提案

エアセンサは、エア供給の為の配管が必要なため、配管の取り回しが難しい「回転テーブル」への取付けは、困難です。
また、従来の赤外線通信による無線式センサは、遮蔽物による通信の遮断で、通信が安定せず、誤検知が多発してしまいます。

メトロールの新製品「ワイヤレス着座スイッチ」は、2.4GHz帯のFSK新無線システムにより、最大15mの伝達範囲で、安定した通信を実現。
無線通信式により、複雑な配線の引き回しも不要です。

回転テーブル上のワーククランプ部に、精密位置決めスイッチを直接取付けることで、加工中のワークのズレを確実に検知し、加工不良の発生を未然に防ぎます。

A02

採用結果

  • 大型ワークの加工中のズレを、確実に検出
  • 配管不要、回転テーブルに取り付けが可能

担当者のコメント

今回ご紹介した『ワイヤレス着座スイッチ』は、配線の取り回しの難しいターレット旋盤での、ワークの「位置決め」や「加工原点出し」でも、多数の採用実績があります。

工作機械内でのセンサの無線化や、加工ワークの着座確認でお困りの方、ぜひ一度、メトロールまでご相談ください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

rct_mini

ワイヤレス着座スイッチ

ワークの着座を無線で確認!!
赤外線通信が困難な、五軸加工機やパレットチェンジャー、回転テーブルでの、ワーク精密着座確認が実現。

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP