工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

近接センサからの置き換えで、仲介アクチュエータを削減

P-003

装置業界

産業機械を製造している、装置メーカー様です。
生産技術のご担当者様より、エンジン組立時の部品の有無検知について、ご相談いただきました。

お客様の課題

「近接センサ」にアクチュエータを仲介して、部品の有無を検知されていましたが、センサの取付けスペースとコストが問題になり、お困りでした。

部品の材質は、鉄やステンレスなど様々で、「近接センサ」単体では、材質によって検出距離が変わるため、誤検知が多発してしまいます。
そこで、「近接センサ」にアクチュエータを仲介して接触させることで、ワークの有無を間接的に検知していました。

しかし、アクチュエータをひとつのユニットとして設置することで、取付けスペースが大きくなり、コストもかさみ、設計上の課題となっていました。

Q-003

課題のポイント

  • 部品の材質により、「近接センサ」が誤検知
  • アクチュエータを仲介することで、スペースとコストがかさむ

メトロールのご提案

「近接センサ」は、ワークの材質によって10μm単位で検出距離が変化するため、様々な材質のワークの検知には向いていません。
そのため、材質の違う複数のワークを検知するためには、アクチュエータなどの仲介機構が必要でした。

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、接触式のON/OFFスイッチでありながら5μmの繰返し精度、1000万回の耐久性を実現。
ワークに直接接触し検知するので、検出体の材質による誤検知はありません。

また、先端子を自由にカスタマイズできるので、様々な形状のワークにも対応可能。
1本2,800円〜と低価格で、コストダウンも実現します。

A-003

採用結果

  • ワークに直接接触し安定検出、材質の影響を受けない。
  • 仲介アクチュエータ不要で、装置の省スペース化・コスト削減が実現

担当者のコメント

「製造ラインでのワークの有無検知は、非接触式が最適…」と思い込んでいませんか?

「近接センサ」はワークの材質により動作点が変わるため、製造ラインによっては誤検知が発生するケースが多々あります。

ワークの有無検知でお困りの方は、ぜひ一度、メトロールにお問い合わせください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_001

CS-タッチスイッチ

5μmの繰返し精度、1000万回の耐久性!!
タッチスイッチのベストセラーです

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP