工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

光ファイバセンサからの置き換えで、センサ段取り時間を大幅削減

P-004

輸送機器業界

ボールトランスファーを製造している、大手ベアリングメーカー様です。
コンベアシステムの設計ご担当者様より、搬送物の位置決めについて、ご相談いただきました。

お客様の課題

コンベア上の搬送物の位置決めに、「光ファイバセンサ」を使用されていましたが、センサの段取り時間でお困りでした。

「光ファイバセンサ」は、搬送物の材質や反射率によって、信号点が変わるため、多品種小ロットの生産ラインでは、センサの段取り替えが多く、段取り時間が長くなってしまいます。

様々な搬送物に対応できるセンサをお探しのところ、当社ウェブページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。

Q-004

課題のポイント

  • 搬送物の材質によって、信号点が変わる
  • 生産ライン変更の度に、センサの段取り替えが必要

メトロールのご提案

「スイッチは耐久性が低く、生産ラインの位置決めには使えない…」と思い込んでいませんか?

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、接触式のON/OFFスイッチでありながら、5μm繰返し精度・1000万回の耐久性を実現。
ボールトランスファーに組み込むことにより、搬送物を直接検出。

生産ライン変更時のセンサの段取り替えが不要になり、段取り時間の大幅短縮が実現します。

A-004

採用結果

  • 搬送物の材質に左右されず、接触検出で位置決め
  • センサの段取りが不要になり、段取り時間が大幅削減

担当者のコメント

今回ご紹介したボールトランスファーの事例は、大手ベアリングメーカー様をはじめ、ガラス基板搬送時の位置決めや、透明ビンの検出等、光ファイバセンサでは難しい、生産ラインのワークの位置決め用途で多数採用いただいています。

センサの段取り替えでお困りの方は、ぜひご相談ください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_001

CS-タッチスイッチ

5μmの繰返し精度、1000万回の耐久性!!
タッチスイッチのベストセラーです

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP