工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

パルスモーター駆動ステージの、高精度制御が実現

P-006

装置業界

スライドテーブルを製造している、制御装置メーカー様です。
駆動ステージの開発ご担当者様より、パルスモーターによる駆動ステージの位置決めについて、ご相談いただきました。

お客様の課題

スライドテーブルのステージ駆動に「サーボモーター」を使用し、ミクロン台の精度でステージを制御されていましたが、高額なサーボモーターによりコストが膨らんでしまい、お困りでした。

コスト削減のため、動力系を見直し「パルスモーター」を組み込みましたが、停止位置のフィードバックがないため、ステージの精密な位置決めができません。

「パルスモーター」の制御精度が、スライドテーブルの位置精度を左右するため、精度の高い外部入力用の位置決めセンサをお探しでした。

Q-006-3

課題のポイント

  • 「パルスモーター」を使い、駆動ステージをミクロン台で制御したい

メトロールのご提案

パルスモーターは、駆動時に始動原点がズレてしまうため、ステージの精密な位置決めには向いていません。

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、接触式のメカスイッチでありながら、独自の接点構造により、0.5μm繰返し精度を発揮。

ステージ駆動原点のミクロン台の原点出しで、スライドテーブルの精密位置決めを実現します。

また、0.5μm高精度タイプでも8,040円〜と低価格、パルスモーターと合わせて採用することで、トータルコストの削減に貢献します。

A-006-3

採用結果

  • 「パルスモーター」と「精密位置決めスイッチ」の組み合わせで、駆動ステージの高精度制御を実現

担当者のコメント

今回ご紹介した「精密位置決めスイッチ」は、半導体検査テーブルの熱変位補正や、多軸ボール盤のステージ位置決めなど、XY軸の精密位置決めに多数ご採用いただいています。

ステージの位置決めでお困りでしたら、ぜひメトロールまでご相談ください。

cマーケティング部
担当S

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_066

高精度MT-タッチスイッチ

0.5μmの繰返し精度!
パルスモーター駆動ステージの、高精度制御が実現。

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP