工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

板金の重ね取り検知で、大幅コストダウンが実現

P-008

板金加工業界

自動車用の板金加工をしている、板金メーカー様です。
レーザー溶接ラインの生産技術ご担当者様より、板金の重ね取り検知について、ご相談いただきました。

お客様の課題

板金加工のレーザー溶接自動化ラインで、厚さ0.5mmの板金を加工されていましたが、板金の2枚取りによる、不良の発生でお困りでした。

板金の重ね取り防止のため、「接触式変位センサ」を使用し、板金の枚数判別をされていましたが、数値表示ユニットと合わせて1セット50,000〜100,000円と、コストが膨らんでいました。

低価格で精度の高いセンサをお探しのところ、当社営業が訪問したことをきっかけに、ご相談いただきました。

Q-008

課題のポイント

  • 板金重ね取りで、加工不良が発生
  • 重ね取り防止に「接触式変位センサ」を使用しているが、コストがかさむ

メトロールのご提案

常に一定の厚さを判別する、自動化ラインでの計測では、数値表示(変位測定)が不要な場合が多く、「接触式変位センサ」によって、オーバースペックになってしまう事例が多数あります。

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、接触式のメカスイッチでありながら、独自の接点構造により、0.5μm繰返し精度を発揮。

高精度ON/OFF信号で板金の重ね取りを検出することで、接触式変位センサと同精度ながら、約1/10の大幅コストダウンを実現します。

A-008

採用結果

  • 板金の重ね取りを検出し、加工不良を防止
  • 数値表示をなくすことで、1/10の大幅コストダウン

担当者のコメント

自動化ラインや、インラインでの位置決めに、数値表示は本当に必要でしょうか?

本事例のように、高額な「接触式変位センサ」から、メトロールの「精密位置決めスイッチ」に置き換えた事で、コストダウンに成功された事例が多数あります。

「接触式変位センサ」によるコストUPでお困りの方は、ぜひ一度メトロールまでお問い合わせください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_066

高精度MT-タッチスイッチ

0.5μm繰返し精度!
接触式変位センサからの置換えで大幅コストダウンが実現、高精度で板金の重ね取りを検出

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP