工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

ギャップセンサからの置き換えで、切削加工時のチョコ停を防止

Motorcycle engine close-up detail background

輸送機器業界

二輪車製造で国内外に高いシェアを誇る、大手輸送機器メーカー様です。
エンジンユニット製造のご担当者様より、 CNC横型マシニングセンタによるエンジン部品加工時の「着座確認」についてご相談いただきました。

お客様の課題

CNC横型マシニングセンタでエンジン部品を加工する際、回転テーブルにワークをチャックし、
「ギャップセンサ」でワークの着座を検出するのですが、センサの繰返し精度が20µmと低く、お困りでした。

エンジン部品は鋳肌で表面が粗く、検出距離が長くなるため、
センサの精度が低いと、着座「OK」の場合も「NG」と判定してしまい、誤検知が多発。
頻発するチョコ停で生産性が低下し、問題となっていました。

ワークの面粗度が大きくても、正確に着座を検出できるセンサをお探しのところ、 展示会で当社の製品を見つけ、お問い合わせいただきました。

engine_before

課題のポイント

  • 表面の粗い鋳物の着座を確実に検出したい
  • センサ誤検知によるチョコ停を減らしたい

メトロールのご提案

ワークの「有無検知」に使用される「ギャップセンサ(エアセンサ)」は、繰返し精度が低く、
信号点のバラつきが大きいため、安定した「着座確認」ができません。

面粗度の大きいワークの着座確認には、80〜350µm長距離検出対応の「エアマイクロセンサ〈ロングレンジ形〉」が最適です。

長い検出距離でも、±5µmの繰返し精度を発揮し、誤検知によるチョコ停を防止。
CNCマシニングセンタの生産性が大幅に向上します。

engine_after

採用結果

  • 表面の粗い鋳物の着座を、±5µmの繰返し精度で確実に検出
  • センサ誤検知によるチョコ停がなくなり、生産性が大幅に向上

担当者のコメント

今回ご紹介した「エアマイクロセンサ〈ロングレンジ形〉」は、アルミダイカスト部品や鋳物、砥石など、面粗度の大きなワークの着座確認に多数採用され、生産性向上に貢献しています。

「エアセンサ」や「ギャップセンサ」の精度不良によるチョコ停でお困りのお客様は、是非一度、メトロールまでご相談ください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

s_dpalr1

エアマイクロセンサ 〈ロングレンジ形〉

従来の「ギャップセンサ」の常識が覆る!
表面の粗いワークと治具の80〜350µmのスキマを、 ±5µm繰返し精度で安定検出!

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP