工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

CNCタレット旋盤の熱変位補正で、バー材のL寸不良の発生を撲滅

turret

自動車業界

パワーステアリング部品を製造している、自動車部品メーカー様です。
生産技術のご担当者様より、CNCタレット旋盤の「熱変位補正」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

パワーステアリング部品のバー材加工にCNCタレット旋盤をお使いでしたが、機械の熱変位により、加工原点がズレてしまいお困りでした。

加工公差20μmと高い精度が求められていますが、熱膨張したまま加工を続けると、バー材のL寸不良が発生してしまいます。

L寸不良の発生を未然に防止するため、CNCタレット旋盤に後付けが可能な「原点出しセンサ」
をお探しのところ、当社サイトをご覧いただき、お問い合わせいただきました。

cncturret_ng2

課題のポイント

  • CNCタレット旋盤の熱変位により、バー材のL寸不良が発生。

メトロールのご提案

従来、CNCタレット旋盤など回転するツールホルダーへのセンサの後付けは、
配線の取り回しが難しく、「有線式センサ」の搭載が困難。
また、工場内はノイズや遮蔽物が多く、赤外線方式の「無線センサ」では安定した通信を行うことができませんでした。

メトロールの「ワイヤレス寸法判別スイッチ」は、2.4GHz帯のFSK無線システムを採用、
ノイズや遮蔽物の多い工作機械の中でも、安定した通信が可能。

タレット旋盤のツールホルダに後付け、加工原点を±0.5μm繰返し精度で検出、
工作機械の熱変位補正で、バー材のL寸不良の発生を未然に防止します。

cncturret_ok2

採用結果

  • CNCタレット旋盤に、ワイヤレススイッチを後付け。
  • ±0.5μm繰返し精度で熱変位補正、バー材のL寸不良の発生を未然に防止。

担当者のコメント

バー材のフィード不良や、切粉によるチャック不良など、CNCタレット旋盤のL寸不良でお困りの方、ぜひ一度メトロールにご相談ください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

rcp

CNCタレット旋盤用ワイヤレス寸法判別スイッチ

CNCタレット旋盤に、ワイヤレススイッチを後付け。
±0.5μm繰返し精度で熱変位補正、バー材のL寸不良の発生を未然に防止。

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP