工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

切削加工時のワーク浮き上がり検出で、加工不良品を未然に防止

app_0818

精密加工業界

大手輸送機器メーカー向けに、エンジン部品を製造している金属加工メーカー様です。
加工部門のご担当者様より、切削加工中のワークと治具の「着座確認」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

CNCマシニングセンタでエンジン部品を切削加工されていましたが、 ワークの着座不良による加工不良品の発生でお困りでした。

治具とワークの間に切粉が挟まり、ワークが浮き上がってしまうのが原因です。
10µmの僅かな浮き上がりでも、加工精度に大きく影響してしまいます。

ミクロン単位でワークの着座を検出できるセンサをお探しのところ、 当社の営業が訪問したのをきっかけに、ご相談いただきました。

app_0818_b

課題のポイント

  • 切削加工時の、10µmのワーク浮き上がりを検出したい。

メトロールのご提案

メトロールの『エアマイクロセンサ〈ショートレンジ形〉』は、±0.5µm繰返し精度で、切粉の挟み込みによる、治具とワークの10µmの僅かな浮き上がりを確実に検出。
機械を自動でストップし、加工不良の発生を未然に防止します。

また、IP67の防塵防水構造で、切粉やクーラントの飛び散る工作機械内にも取付けが可能。
エア配管を短くすることで、応答速度が上がり、生産性向上が実現します。

app_0818_a

採用結果

  • 切削加工時の、10µmのワーク浮き上がりを安定検出。

担当者のコメント

今回ご紹介した事例以外にも、シャフトとV字型治具の「着座確認」や、タイヤ金型加工時の「密着確認」など、CNC工作機械の切削加工の現場で、多数採用されています。
ワークの浮き上がりによる加工不良にお困りのお客様は、ぜひ一度、お問い合わせください。

cマーケティング部
担当S

本事例でご紹介した製品はこちら

DPA-SR1_jirei

エアマイクロセンサ〈ショートレンジ形〉

±0.5µm繰返し精度!
治具とワークの精密着座確認で、CNC工作機械の超精密加工が実現。

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP