工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

「ピンゲージ」からの置き換えで、受入検査を大幅に短縮

DPA0725_sub

自動車業界

大手自動車メーカー向けに、ステアリング部品を製造している
自動車部品メーカー様です。
品質保証のご担当者様より、受入部品の「内径検査」について
ご相談いただきました。

お客様の課題

部品を受入検査する際、内径の公差を「ピンゲージ」で全数検査していましたが、
時間がかかりお困りでした。

部品が100μmの許容公差内に入っているかを検査していましたが、
生産拡大のため、人手が足りません。

内径検査を自動化する方法をお探しのところ、
「JIMTOF2016 日本国際工作機械見本市」で弊社ブースにお越しいただき、
ご相談いただきました。

jirei_dpasrlr2_naikeimae

課題のポイント

  • 手作業での「ピンゲージ」の検査に時間がかかる

メトロールのご提案



メトロールの「エアマイクロセンサ〈2点設定形〉」は、
−NG/OK/+NGの許容公差設定で、3クラスを良否判別。
±0.5μm繰返し精度で、加工ワークの内径を確実に判別します。

良否判別信号をNCに出力することで、内径検査の自動化にも対応。
検査時間を大幅短縮します。

jirei_dpasrlr2_naikeiato

採用結果

  • 「エアマイクロセンサ〈2点設定形〉」の3クラス良否判別で、検査時間を大幅短縮

担当者のコメント

今回ご紹介した「エアマイクロセンサ〈2点設定形〉」は、
「エアマイクロメータ」からの置き換えでもご利用いただいています。
内径検査でお困りの方はぜひご相談ください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

dpasrlr2

「エアマイクロセンサ〈2点設定形〉」

±0.5µm繰返し精度!
ワークの内径を、-NG/OK/+NGの3クラスに良否判別できる!

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP