工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

顕微鏡の平衡出しを、ミクロン精度で検出

case_003

医療業界

海外の有名光学メーカのOEM製品で高いシェアを誇る、光学機器メーカー様です。
医療機器部門の設計ご担当者様より、脳神経外科手術用の顕微鏡の「平衡出し」についてご相談をいただきました。

お客様の課題

0.05mmの血管を接合する脳神経外科手術において、医師の目となる顕微鏡を、常に平衡に保つためのセンサーをお探しでした。

「光センサ」や「角度センサ」の使用も検討されたそうですが、精度が安定しないため、顕微鏡の平衡を一定に保つことができず、お困りでした。
また、センサーのサイズも大きいため、装置の中に組み込むことも困難です。

失敗が許されない血管接合手術において、より安定した施術を可能にできないかと、お問い合わせを頂きました。

課題のポイント

  • 光センサの精度が安定しない
  • センサーが大きく、装置に組み込むことができない

メトロールのご提案

「光センサ」や「角度センサ」は、アンプを内蔵しているため、外部環境の変化による温度ドリフトがあり、機械の平衡をミクロンレベルで検出することができません。

メトロールの「超小形精密位置決めスイッチ」は、アンプを使用しない精密機械式により、外部環境の変化の影響を受けず、1μmの繰返し精度を安定して発揮。
M5×17mmの極小サイズで、顕微鏡本体への内蔵を可能にします。

顕微鏡を常に平衡に保つ事で、難易度の高い手術をサポートすることが可能になりました。

採用結果

  • アンプ不要で、精度の高い平衡出しが実現
  • 超小型サイズで、装置への組み込みが可能に

担当者のコメント

今回ご紹介した事例をはじめ、放射線治療装置の「放射線照射スリットの位置決め」や、注射針の「精密穴加工」など、人命を預かる医療機器業界でも多数採用実績があります。

また、世界最小サイズが話題となり、経済産業省後援『世界一展』など、メディアにも多数取り上げていただきました!

評価用サンプルの貸し出しも可能です。
センサーの精度向上・省スペースでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_055

超小型PT-タッチスイッチ

M5×17mmの世界最小サイズ!!
機械の小形化と精度向上が実現します

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP