工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

卓上ロボットのZ軸の熱変位を、ミクロン単位で補正

solber_robot001_3

装置業界

電子基板用の卓上ロボットを製造している、装置メーカー様です。
自動ハンダロボットの設計ご担当者様より、ハンダヘッドのZ軸の熱変位補正について、ご相談いただきました。

お客様の課題

自動ハンダロボットのハンダヘッドのZ軸が、ロボットの自己発熱によりミクロン単位でズレてしまい、お困りでした。

ハンダヘッドと基板の高さ位置がズレると、ハンダを正確に塗布することができず、不良品の原因となります。

Z軸の位置を、高精度で検出することができるセンサをお探しのところ、当社サイトをご覧いただき、お問い合わせいただきました。

Q-002

課題のポイント

  • ハンダヘッドのZ軸の熱変位により、ハンダ不良が発生

メトロールのご提案

機械の自己発熱や、昼と夜の温度差など、熱変位による位置精度の低下は、
避けて通ることができません。

「精密位置決めスイッチ」は、ハンダヘッドZ軸の熱変位を0.5μmの繰返し精度で補正。
精密機械式の接点構造のため、精度が高く、正確なハンダ塗布が実現します。

A-002

採用結果

  • ハンダヘッドのZ軸の熱変位を、0.5μm精度で補正
  • 正確なハンダ塗布が実現

担当者のコメント

今回ご紹介した事例以外にも、XYテーブルのステージの「熱変位補正」や、接着剤ディスペンサーのノズルの「位置決め」など、ロボット業界での採用実績も多数あります。

機械の熱変位補正でお困りのお客様は、ぜひメトロールまでお問い合わせください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_066

高精度MT-タッチスイッチ

0.5μmの繰返し精度!!
電子部品を使用しない「精密機械式」、高精度に熱変位を補正します

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP