工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

作業者のバラつきによるワーク着座不良を、±0.5μm精度で安定検出

Technician controlling CNC machine.Man input workpiece to machine.

精密加工業界

大手電機メーカー向けに、大型ヒートシンクを製造している、部品メーカー様です。
加工部門のご担当者様より、治具とワークの「着座確認」について、ご相談いただきました。

お客様の課題

CNCタッピングセンターで銅製のヒートシンクを加工する際、作業者が手でワークをセットしていましたが、 作業者によってバラツキがあり、着座不良が発生しお困りでした。

ワークの底面で真空チャックをしていますが、
着座不良に気づかず加工してしまい、加工不良になってしまいます。

「治具」と「ワーク」の50μmの着座不良を確実に検出するため、精度の高いセンサをお探しのところ、 当社サイトをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。

jirei_sagyo_ng

課題のポイント

  • 作業者により頻繁に発生する「着座不良」を、確実に検出したい

メトロールのご提案

加工不良の防止には、ワークの加工前の確実な着座確認が欠かせません。

メトロールの『エアマイクロセンサ <ショートレンジ形>』は、
50μmの僅かなスキマを、±0.5μm繰返し精度で確実に検出。

治具とワークの正確な「着座確認」で、作業者のバラツキによる着座不良を確実に検出、
加工不良ゼロが実現します。

IP67の保護構造で、切粉やクーラントが飛び散る工作機械の悪環境下でも、高い精度を発揮します。

jirei_sagyo_ok

採用結果

  • ±0.5μm繰返し精度の「着座確認」で、加工不良ゼロが実現

担当者のコメント

メトロールの『エアマイクロセンサ』は、「加工不良品の発生を、生産工程の中で防止したい!」という機械加工現場のお困りに、お応えしています!

今回ご紹介した事例以外にも、シャフトとV字型治具や、ダイカストと固定治具の「着座確認」など、CNC工作機械の切削加工の現場で、多数採用されています。

ワークの着座不良による加工不良でお困りのお客様は、
ぜひお気軽にお問い合わせください。

cマーケティング部
担当I

本事例でご紹介した製品はこちら

DPA-SR1_jirei

エアマイクロセンサ〈ショートレンジ形〉

±0.5µm繰返し精度!
治具とワークの精密着座確認で、CNC工作機械の超精密加工が実現。

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP