工場の自動化に貢献する、精密位置決めスイッチの専門メーカー

精密位置決めスイッチはメトロール

0.5mmの微小動作の安定検出が実現

case_001

輸送機器業界

大手搬送装置用のディスクブレーキを製造している、制動機メーカー様です。
設計部門のご担当者様より、ブレーキパッドの「開閉確認」に使用しているスイッチについて、ご相談をいただきました。

お客様の課題

ディスクブレーキの開閉確認に、「リミットスイッチ」を使用されていましたが、ブレーキパッドの "0.5mmの微小動作" を、安定して検出することができずお困りでした。

ブレーキパッドの僅かな動きを検出するために、稼働部に『拡大機構』を設け、微小動作をテコの原理で拡大し検出していましたが、取付メンテナンスや拡大機構の消耗が、事故の原因にも繋がりかねません。

機械要素技術展にご来場頂いたのをきっかけに、当社の「精密位置決めスイッチ」にお問い合わせを頂きました。

case_101

課題のポイント

  • 0.5mmの微小動作を安定して検出したい
  • 拡大機構は安全性が低いため、設置できない

メトロールのご提案

従来「リミットスイッチ」は板バネ式によるスナップアクション機構のため、『応差』と呼ばれる、ONとOFFの間に生じる不感帯があり、微小動作を検出することができません。

メトロールの「精密位置決めスイッチ」は、精密機械によるプランジャー式のため、『応差』がなく、 "0.5mm以下の微小動作" も安定して検出することが可能です。

また、ブレーキパッドにスイッチを直接当ててることで、『拡大機構』が不要になり、メンテナンス性と安全性が飛躍的に向上します。

case_102

採用結果

  • 0.5mm以下の微小動作を安定して検出
  • 拡大機構が不要になり、安全性が向上

担当者のコメント

本事例をはじめ、エレベーターに関する国の安全通達以降、多くの制動機メーカー様で「精密位置決めスイッチ」の採用が決まりました。

「微小動作検出のための拡大機構を、ワザワザ作るはめになった…」
「取付け調整に多くの時間をとられた…」

など多くのお客様が、微小動作の安定検出に関して、同じ悩みをお持ちです。

試用評価用のサンプルの貸出しも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

cマーケティング部
担当K

本事例でご紹介した製品はこちら

pd_001

CS-タッチスイッチ

0.5mmの微小動作を安定検出!!
タッチスイッチのベストセラーです

 

本事例に関するお問い合わせはこちら

PAGETOP