エアマイクロセンサ[DPA-SR2/LR2シリーズ]

[2点設定形 ]エアマイクロセンサ DPA-SR2/LR2シリーズ

3クラス判別で内径検査を効率化

『+NG/OK/-NGの3クラス判良否判別機能』により ワークの内径寸法判別で検査工程の大幅コストダウンを実現。 穴あけ加工後の内径寸法判別に、「手間のかかるピンゲージ」や、「高額なエアマイクロメーター」からの置き換えで、時間短縮やコストダウンに貢献します。

主な課題

  • ピンゲージやシリンダーゲージを使った内径測定の時間を短縮したい
  • 低コストで内径検査(ポカヨケ)を自動化したい
  • 作業者ごとの測定結果のバラつきを無くし、誰でもカンタンに内径測定を行いたい

特長

外部入力が可能

しきい値の設定をNCを使った外部入力が可能です。そのため作業者が設定値をボタン入力で変更する事を防止します。

3クラス判定と出力

3クラス判定と出力

上限と下限の2つのしきい値を設定し、+NG/OK/-NGの3段階の判定が可能。
±0.5μmの繰り返し精度により高精度な検出で、着座確認やクラス判別可能です。

加工サイクルタイムの短縮を実現

加工サイクルタイムの短縮を実現

水やクーラント、粉塵に強い保護等級IP67。センサ本体を機内設置可能なため、エアの配管を短くできます。
配管長の短縮により信号の応答性が向上、量産ラインでの加工サイクルタイムの短縮に貢献します。
悪環境下で使用されることを前提とし、クーラントの浸水試験、工作機械での過酷な耐久試験を実施しています。

簡単な操作性

簡単な操作性

「しきい値の設定」はワンプッシュで完了します。
着座面とワークの間にマスタワークもしくはシムを挟み、マスターセットボタンを押すだけでセット完了。
どなたでも簡単に設定できるため、作業者ごとの設定値のバラつきが起こりません。

供給エア自己診断機能

供給圧力が、仕様範囲外になると供給圧力アラームが出ます。圧力不足、設定後からの圧力の変動、圧力過剰を知らせます。

エアマイクロセンサの判別方法

エアマイクロセンサの判別方法

Inner diameter inspection by AIR GAP SENSORS

エアマイクロセンサを使用したワークの内径寸法判別

JIMTOF2018 新製品動画 NEWS ~空圧式ギャップセンサの新たな使用方法を発表!~

「エアマイクロメーター」からの置き換えで、大幅コスト削減!【エア式精密着座センサ】*

「手間のかかる「ピンゲージ」の内径検査 さようなら」【エア式精密着座センサ】*

主な仕様

代表形式名 DPA-SR2 DPA-LR2
形状/形式/用途 ワーク着座/密着確認・内径計測
マスタ値設定可能点数 2点
マスタ値設定方法 +LIMITセットボタン、
-LIMITセットボタン、
+LIMITセット入力、
-LIMITセット入力にて設定可
※電源を落としても設定したしきい値は、保存されます
繰返し精度保証範囲
(推奨エアノズル使用時)
1~100μm 80~350μm
繰返し精度  ±0.5μm (マスタ値:1~60μm)
±1μm (マスタ値:60~100μm)
※供給圧力変化±1%以内のとき
±1μm (マスタ値:80~150μm)
±3μm (マスタ値:150~250μm)
±5μm (マスタ値:250~350μm)
※供給圧力変化±1%以内のとき
IP規格・保護構造  IP67
動作形態 NO(常時開)
使用流体 乾燥空気(5μmフィルタ使用)
供給圧力範囲 150~200kPa
消費流量 9ℓ/min (max) 24ℓ/min (max)
接続口径 Rc1/8
推奨配管:SUP ポート φ6×φ4 チューブ
推奨配管:OUT ポート φ4×φ2.5 チューブ、
φ6×φ4 チューブ
※付属のリーケージユニットの接続チューブ外形はφ6です。外形φ4のチューブを接続する場合、貴社にて変換継手をご準備ください。
応答時間 0.8秒
(チューブ長1.5m/エアを供給開始してから出力まで)
入力仕様 フォトカプラ入力:極性あり
DC24V±10%
出力仕様 フォトカプラ出力:極性あり無電圧出力
(コレクタ・エミッタフローティング)
定格電圧:DC24V ±10%まで
定格電流:20mA
残電圧1.5V以下(15mA時))
ケーブル詳細 標準長さ3m 耐油性16芯φ5.5 AWG28 相当
電気的応答速度 10ms
LEDランプ 取扱説明書参照
付属品 リーケージユニット1個 なし
使用温度範囲 0℃~60℃(結露ないこと)

関連する記事