【FAセンサ用語】コンタクトとは

検出体に接触する部分のこと

  • 接触子/測定子と呼ぶこともあります。

コンタクトと精度の関係

  • ワークとコンタクトを点接触にすることで、精度の高い計測が可能になります。
    しかし、当り面が狭い程、単位面積当りの応力が大きくなり変形を生じます。
    (ヘルツの式で計算できますが現場的には無視してよいでしょう)
  • 接触面が点接触になると、面粗さの影響/摩耗が起こります。
  • 接触面が広すぎると、幾何学的変形の影響で片当りを生じ、誤差の原因になります。
  • 非接触センサは磁気式/光電式とも、円形の面積で感知するので、スポット面の面積当り平均値で表わすことになり、機械的計算値と異なり組立上の寸法値には合致しません。
    そのため、接触式仲介アクチュエータを用いることがありますが、コストアップおよびスペースを要し、精度も低下します。